膝の関節痛や、腰の痛みに対しては、サプリメントを摂取することで痛みを解消しようとする人がいます。サプリメントで関節痛を軽くしたいという人は多く、関節痛を軽くする作用があるという栄養成分もいくつもあります。代表的な成分としてはグルコサミンがあり、カニやエビなどの甲殻類の殻に含まれる成分です。人体では、ある程度のグルコサミンか生成されています。ただし、年をとると生成量が少なくなるため、体内で欠乏しすくなります。関節の弾力を保ち、強さと柔らかさのある関節をつくるためには、グルコサミンの存在がとても大事です。グルコサミンだけでなく、コンドロイチンも関節痛の解消に効果が高いと言われており、サプリメントなどに用いられています。コンドロイチンがあれば、関節部分の軟骨の減りが少なくなりますので、その分、関節痛が緩和されます。体内に十分なコンドロイチンがあると、軟骨が水を十分に含んでいる状態をキープしておくことが可能になっているようです。グルコサミンとコンドロイチンの成分には、実は密接な関係があるといいます。コンドロイチンは、グルコサミンの働きによってより多く生成されるようになり、関節を柔らかい状態にします。関節痛に対してサプリメントを飲む場合、コンドロイチンと、グルコサミンを同時に補給できるような商品がいいでしょう。グルコサミンだけでなく、コンドロイチンもサプリメントで補給することで、互いの効果により関節痛の痛みを軽くする効果が期待できるでしょう。